プレイヤー側の不正は?

オンライン麻雀でもっとも問題になるのが、プレイヤー側の不正。
プレイヤー同士がチャットソフトなどで連絡を取り合って打つ”通し”や”コンビ打ち”などに対する監視体制も気になります。

DORA麻雀での対策としては・・・

  • 同一IP内で同一卓でのプレイを禁止
  • 複数のアカウントを発行しない
  • プレイヤーID・対局相手・プレイ時間の動向を全て監視
また、随時プレイヤーからの不正に関する情報も集めています。

DORA麻雀公式ホームページで詳しく説明があるので、一度目を通してください。
>>DORA麻雀公式ホームページへ<<
「賭け麻雀は安全なの?」の項目をご覧ください。

お金を賭けるから怪しい・・・と我々日本人は思いがちですが、お金を賭けるからこそしっかりとした管理体制で運営されていることがわかりますよ。

運営側の不正はないの?

現金を賭ける以上、運営側の不正も疑いたくなりますね。

DORA麻雀に関しては、運営側の不正のメリットはありません
なぜなら運営側の取り分は、卓ごとに決められた場所代のみとなっているからです。
プレイ開始前に卓ごとに集めた賭け金は、その中から10~15%の場所代を引かれたうえで、プレイヤーの点数に応じて振り分けられます。
この金額は卓ごとに決まっているので、運営側が何らかの操作をしたところでメリットはありません。

逆に、万が一運営側が不正を行った場合のデメリットは非常に大きいものとなってます。

オンラインカジノ業者は、第三者機関が常に監視をしているので、少しでも不正の疑いのある運営業者は運営許可が取り消されてしまうのです。
カジノライセンスを取得するまでには、厳正な審査と相当な時間がかかっています。
くだらない不正をしてせっかくの苦労を捨てるより、公正に永く運営したほうが会社としてはメリットが大きいんですね。